「 ベランダの犬 」 改訂版













 きみはいつから、そこにいた? 











a0327905_20433917.jpg








コンクリートにまれた

陽のあたらないベランダ






a0327905_20433443.jpg







ごはんは?

お水は?

お散は?


短い鎖につながれて

お家の中をのぞくこともできない






a0327905_20432957.jpg








きみの毛はとてもきれいなはずなのに


夏にはボサボサに長くって

冬には丸坊主だったりする




a0327905_20432508.jpg






雪の朝も

暑い暑い午後も

嵐の夜も


いつもひとりぼっち








a0327905_17513617.jpg






きみと




友達に





 
a0327905_20424339.jpg








なれたらいいのに





a0327905_20423916.jpg






だけど僕は

きみの名前も知らない


もしも知っていたならば

こっそり呼んであげるのに


そうしたら 

ひとりじゃないってわかるだろ?






a0327905_13463039.jpg







 

そうだ!

聞いたことがある


犬はいでなんでもわかるって






a0327905_20421425.jpg










思いついた…





a0327905_20413075.jpg








この色 


きみに似合うと思うんだ




a0327905_20415649.jpg

a0327905_20415256.jpg









とどけ!






a0327905_20412285.jpg

a0327905_20410502.jpg


a0327905_20410194.jpg







自由のいがする?

おいしいいがする?



友達の… 


いがする?




a0327905_20404618.jpg









きみはひとりじゃないんだよ






a0327905_20403593.jpg


by creamally | 2017-01-04 14:18 | Comments(2)
Commented by osozakiusagi at 2017-01-05 21:54
こんばんは。
前の絵も好きでしたが今回は更にシンプルでストレートに心に伝わる感じですね。
男の子と犬がいる場所もどんな感じかよくわかりました。
同じお話でも絵で随分感じが変わるんですね(*_*)
私も書き直してみようかななんて思ってしまいました。
素敵でした、これからも期待しています(*'▽')

Commented by creamally at 2017-01-06 18:48
> osozakiusagiさん、感想ありがとうございます!
最初ヴァージョンを周囲の人に見てもらったら、
けっこうわかりにくいということが判明…
なのでふたりがいる場所をわかりやすく見てもらうページを挿入しました。
それでもまだ、男の子の想像や、行動の狙いなど、
ちょっとわかりにくい部分もあるようなんですが…
語り過ぎてはつまらないし、足りなければ伝わらない。
物語はその辺りも難しいですね。
おそうささんの絵本も楽しみにしています。

※1ページ絵を掲載し忘れていたことに今、気づきました!
お時間のある時にでもまた見てやってください ^^;

<< 仕事はじめ。 赤と黒 >>