仕事はじめ。


☆2017年☆
みなさん、どんなすべり出しになりましたか?

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


さて初仕事です。
以前このBlogにも掲載しました絵本「ベランダの犬」。
覚えていらっしゃいますでしょうか?
完成させたはずなのに、
いろいろと気になってしまい、
いくつかのページを描き直したり、
文章を加筆削除修正してみたり…
ちくちくとやっていました。

↓出来ましたのが前記事のこちら↓

仕事始めのお忙しい時だとは思いますが、お目通していただけたならとてもうれしいです。
撮影があまりうまくいかず、画面が暗いのですが、お許しを。

by creamally | 2017-01-04 15:03 | Comments(6)
Commented by roseyrosey at 2017-01-04 15:13
拝見しました。
お話自体、とても切なくて切なくて。。。
なぜ、このワンちゃんはこんなひどい環境で飼われているのかしらと
気になってしまいます。
どうすることもできない男の子の気持ちも痛いほど伝わってきます。
赤いボールをキャッチしたお顔に救われました。
とても素敵な絵本です。たくさんの人に見て欲しいですね。
Commented by sakomamabook at 2017-01-04 17:38
あけましておめでとうございます。
「ベランダの犬」拝見しました(^^)
わんちゃんを想う優しさが伝わってくるようです。切なくなりますね。
前回の「ベランダの犬」も拝見。これはこれで素敵ですね。何回も見たくなります(^^)
次もあるかな?楽しみにしています。今年もよろしくお願いしますヽ(´▽`)/
Commented by smilelife8 at 2017-01-05 16:12
明けましておめでとうございます。
私もブログを何とか更新はするものの、訪問するのがまちまちで申し訳ないです。お久しぶりです。(*^▽^*)お元気そうでよかった!

絵本、拝見しました。
切なくて胸がキュッと苦しくなりました。でも男の子と心が通じあえて救われました…少し…。
“一人じゃない”ってわかることが救いになりますよね。それは、理解してくれる誰かがいることです。私も、理解してくれる方がいて心が救われました。状況が変わらなくても、がんばれそうな気がしました。

この絵本はそんな孤独を抱えて追い詰められ傷ついているすべての子供たち、大人たち、動物たちへの愛のメッセージだと思いました。素敵な絵本、ありがとうございました\(^o^)/今年もよろしくお願いいたします。
Commented by creamally at 2017-01-06 18:26
> roseyroseyさん、感想ありがとうございます。
これは実話に基づいた物語なんです。
モデルになったコは里親さんの元で幸せに暮らしているのでご心配なく!
でも、虐げられたまま一生を終えるコもたくさんいて。
なのでキラキラのハッピーエンドではなく、
少しだけ希望の光が見える、そんな物語にしたかったのです。
救いたいという気持ちを諦めずに持ち続けることが、弱い立場の命を救う第一歩。
拙い絵ではありますが、たくさんの方に見ていただいて、
いろんなことを感じ、考えてもらうきっかけになりえたらうれしいです。

※なんて一人前のことを書いておきながら、
1ページ絵を掲載し忘れていたことに今、気づきました!
お時間のある時にでもまた見てやってください ^^;
Commented by creamally at 2017-01-06 18:51
> sakomamabookさん、感想ありがとうございます!
わざわざ前回のも遡って見てくださったんですね。
とてもうれしいです。
じつはあと5ページほどで完成させられる絵本がもうひとつあるのですが、
その5ページがなかなか進みません。
とても手がかかっているのに、次々と絵本を完成させていらっしゃるsakomamaさん、
本当に尊敬しています!
Blog拝見するたびに、自分だったら仕上げるのにどれくらいかかるだろうと想像して、
クラクラしています…
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

※1ページ絵を掲載し忘れていたことに、さっき気づきました!
お時間のある時にでもまた見てやってください ^^;

Commented by creamally at 2017-01-06 18:54
> smilelife8さん、お久しぶりです。
すまいるさんの感想全文、そうなんです、そのとおりなんです、っていう…
伝わってよかった。
2017もどうぞよろしくお願いします。
すまいるさんがどんどんいい波に乗っていけることを願っています。

※1ページ絵を掲載し忘れていたことに、さっき、気づきました。
お時間のある時にでもさらっと見てやってください ^^;

<< ノンノン 「 ベランダの犬 」 改訂版 >>